味付けチャンジャ
味付けチャンジャ盛り付け例
 チャンジャとは、本場韓国では、明太の内臓をキムチ風の薬味であえて醸成させた韓国風の塩辛なのですが、 日本では古くから明太の内臓ではなく真鱈の胃袋にアレンジされ親しまれてきた珍味の一つです。
 北海を回遊する鱈は、"たらふく"という語源の通り、カニやエビ、貝等の海の幸を腹一杯に蓄えます。 そんな鱈の胃袋の筋目を手作業で一つひとつ丁寧に取り除き、時間をかけてじっくり塩蔵したものを、 薬念(ヤンニョン)という薬味に漬けて発酵させたもので、手間暇がかかることから高級珍味として珍重されてきました。
 チャンジャは、単なる美味な高級珍味だけではなく、栄養的にも大変優れた食品です。 発酵・熟成する過程で豊富なビタミンが生まれるため、新陳代謝の活性化、老化防止、貧血防止などの効果が期待できると同時に、 発酵食品に含まれる大量の乳酸菌によって、腸内の酸度を下げ悪玉菌の増殖を抑える整腸作用を持っています。
味付けチャンジャ100gパッケージ   当社の『味付けチャンジャ』は新鮮なアラスカ産真鱈の胃袋のみを使用、 調理と加工は衛生面で徹底管理された日本の自社工場で行っているので安心してお召し上がりいただけます。 素材の丁寧な下処理によって臭みもなく、特製コチュジャンやごま油などを調合した独自の漬けダレは、 あっさりとしながらコクもあり、コリコリとした食感は噛めば噛むほどタラ独特の旨味が口の中に広がります。
 冷凍加工されているので長期保存も可能です。 一貫した自社生産による効率化によってコストも抑えられ、高級珍味にもかかわらず低価格でのご提供が可能となりました。
100g(冷凍食品 ビニールバッグ詰め)
1,000g(冷凍食品 ペット容器詰め)
お問い合わせは こちら
濃縮コムタンベースはこちら
東江物産 食品事業部 トップページ